7/10(月)

感覚的にはまだ日曜なのだが、日付は変わっているのでそれに従うことにしよう。

 

話したいのは、アイマスのミリシタについてだ。

ついに先日、ミリオンライブ!シアターデイズがリリースされた。どうなるんだろうなあと思っていたが、とてもよくできていた。

音ゲー部分ももちろん楽しいが、なにより劇場や事務所でアイドルたちと触れ合えることが素晴らしい。最初の発表の時に音ゲーと言わず、コミュニケーションのことを主張していたのはこれだったのか、と合点がいった。

それと、まだ始まったばかりでこれからのことはわからないが、新加入の2人を含めたミリオンの39人だけでなく、いわゆるAS組もちゃんと出てくれるのが嬉しい。僕は我那覇響の担当なのでこれは一番嬉しかった。(しかしまだ響のRは出ていない…)

 

しかしひとつ困ったことがある…

それは、劇場や事務所でアイドルたちと触れ合えることが、逆にゲームのやめ時をなくしてしまっていることだ。アイドルと話したと思ったら、また他のアイドルが事務所に入ってきて、そうしたら話しかけたくなるので話しかける、話し終わる、また他のアイドルが来る、話しかける…としているといつまでたってもやめられない。最高だな。もっとやってくれ。

6/30(金)

先日、前期と後期の成績開示の結果が返ってきた。

 

前期の広島は、思った通り、二次の英語がとてつもなく足を引っ張っていた。国語は手応えがあったのだが、思ったより点数が出ていなかった。英語さえできていれば…と思っていたのだが、実はそれでもダメだったようだ。あと少しのところまで行けたと思っていたのだが、残念だった。

 

後期は、もともとセンターの点数の時点で余裕で合格すると思っていたこともあって、小論文は力を入れていなかったため、点数は悪いと思っていたのだが、なぜか9割取れていた。採点が甘かったのか、ちょうど上手く書けていたのかわからないが、とにかく意外で、結構嬉しかった。教育学部のもうひとつの方の学科の合格者最高点より上だった(ほんの少しだけだけど)のは、少し自信になった。

 

おそらく教育学部の後期合格組では一位だと思う。まだまだ大学生活は長い。大学院に行くまでまだ時間はある。たくさん努力して、もっと上を目指したい。

5/25(木) 未練と目標

今日(感覚的には昨日なんだけど)エントリを更新したばっかりでまた書くのもどうかと思ったけど、思い立ったが吉日ということで書く。

 

前期の広島大を受験して落ちて、仕方なく後期はかなりランクを下げた大学にして、いまそこに通ってるわけだけど、やっぱり今でも広島に行きたかったって気持ちはある。でも、今の大学が嫌ってわけじゃない。広島に行きたくて、その他の大学には特に何の感情もない。それは今通ってる大学も同じ。ただそれだけ。

でも、だからといっていまさら仮面浪人をするような気力もない。三年次編入だって毎年枠が用意されてるわけじゃない。

 

そこで、いろいろ調べた結果、大学院で広島を目指そうと思う。広島には、教職大学院というものがあるらしい。これは、教員採用試験に合格したら、その合格の資格をもったまま入ることができるという。

 

いつまでも夢ばかり見ていてはいけないという気持ちもあるけど、だからこその教職大学院だ。何も考えていないわけではない。これは未来の教員という職業に直結する。もちろん、学力、気力、金銭面も考慮しなければならないということもわかっている。

 

目標や夢は、言うことでより意識するようになれるという。だから、ここに書いておこうと思う。

 

広島の教職大学院を目指す。

 

5/25(木)

時の流れも早いもので、大学生活が始まって一か月が過ぎた。

 

大学生は暇そうなイメージがあったが、案外そうではなかった。宿題や予習もあるし、サークルもある。なにより一人暮らしなので、何でも自分一人でこなさないといけないのが一番大変だ。

 

四月のうちは友達を作るのも大変だった。二浪しているため、知り合いはほとんどおらず、ほんのわずかな知り合いも学部が別。決してレベルの高い大学ではないので、地元の人が多く、それぞれですでに知り合いがいるようで、そこに入っていくのは大変だった。というか早い段階であきらめた。自分は話下手で、しかも知らない人に話しかける勇気もなかったので、同じ学科の人となかよくなったらあとは「友達の友達は友達作戦」で少しずつ知り合いを増やしていった。

 

サークルはサッカーをしようと思っていたが、ド素人だし浪人中はまともに体動かしてないからついていけそうにないなあと思い、断念。体力づくりのことも考えて、運動系のサークルに入ることにした。(体力づくりのつもりで入ったサークルについていくためにひとりで体力づくりをしているのは内緒だ)

 

教育学部なので実習が多いということは知っていたが、まさか5月から実習があるとは思っていなかった。毎週、土日は一日中実習で消費。5月なのでサークルの新歓キャンプや練習もたくさんあるのだが、何ひとつ行けず。実習で得た経験を除けば、良かったことは同じ班のメンバーと仲良くなれたことくらい。実習はこれからまだまだあるし、もっと大変になるらしいので、乗り越えられるか不安だ。(乗り越えないといけないんだけど......)

 

バイトも始めてないし免許もまだだ。周りではもう始めている人も多いらしく、自分も早く始めないとなあと思っている。バイトはとくに早く始めたい。教師になる前にいろいろな経験を積むことも大切だと思っている。

 

 書きたいことを羅列していったらそろそろ書くことがなくなってきたので終わりにする。また書きたいことができたら書く。

それでは、明日の授業の予習がまだ終わっていないのでそちらを頑張って終わらせたいと思う。

浪人終了

浪人終了。ようやくひと段落ついた。

 

前期の広島は二次の英語に手も足も出ず、撃沈。合格発表の日よりも、試験当日の夜のほうが落ち込んでいた。落ちていることが予想できるほどダメな手応えだった。

 

後期に受けた国公立は、広島からはかなりランクを下げた。ここは無事に合格できた。いくらランクを下げたとはいえ、実際に合格発表を見るまでは不安もあった。これまで5回も自分の番号がない合格発表を見てきたので、自分の番号があったのは、やはり嬉しいものだった。

 

親は「三浪してもいい」と言ってくれたが、これ以上親に甘えて浪人しても、ズルズルと行ってしまい結局思い通りにいかないと思ったし、なにより二次の英語の手応えから、たとえあと1年浪人しても確実に解けるとは思えなかったから、後期で合格した国公立に進学することに決めた。

 

高1の頃から夢見ていた広島大学には結局2年浪人しても届かなかったけど、これからはこの道で頑張ろうと思う。

 

2年間、余計な時間とお金を使ってくれた家族にとても感謝している。たまに会った時に励ましてくれたり、奢ってくれたり、応援してくれた友達、会うことはなかったけどTwitterで応援してくれたり、普通に会話してくれた友達にも感謝している。

 

一浪してまた落ちた時に愚痴を書こうと思って始めたこのブログも、まあまあ気晴らしにはなった。これからは大学生活が始まるが、そこでも今までと同じようにこのブログにちょこちょこ書いていこうと思う。

2/18(土)

ついに前期試験まで残り1週間となった。

今の時点ですでに緊張している。

あと1週間、とにかく過去問を解きまくって頑張ろう。

アイドルマスターについて②

〜愚痴と分けて書きたかったのでエントリ分けました〜

 

ミリオンもアニメ化してほしい、けどするなら楽しくやってほしい。

願望ばっかり言って自分は何もしないんじゃダメなので、受験終わったらTwitterなどでたくさんPRします。ここには愚痴も書くけどTwitterでは基本的にポジティブなこと、楽しかったことを書くようにします。ブログは意図的に見るものだけどTwitterリツイートなどで意図せずとも見てしまう可能性があるので。

課金もします。無理しない程度に、ですけど。やはりお金を出さないことには始まらないと思うので。

そのためにも、受験成功させて、プロデュース活動にはやく復帰できるように頑張ります。