読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7/24(日)

浪人生活

ついに前期が終わった。今週から夏期講習だが、自分が授業を入れたのは後半なのでしばらく授業はない。だから自分のペースを保って自習を続けていきたい。

 

夏は勝負だ。

この言葉は現役の頃からよく聞いていたが、浪人してから、この意味がやっとわかった気がする。

夏は、自分の力を上げる時間ではなく、いかに夏前の成績をキープできるか、という時期である。

夏は、だらけたり遊んで成績を落とすやつが出てくる時期であり、夏に自分の成績をキープしておけば、遊んでいた人と自然に差をつけられる、ということである。(もちろん自分の力を上げられたならそれが一番良いのだが。)

つまり、夏は勝負といっても、無理に気負う必要はないということである。無駄に力が入り、こなせるかわからないスケジュールを立てて早々に崩れるより、必要最低限のペース+1くらいの気持ちでいけばいい、ということである。なぜなら遊んでいた人は必要最低限より低いところにいるからだ。

 

受験は、結局のところ競争なので、レベルが高かろうと低かろうと、その土俵の中で、他人より少しでも高い点数を取れば勝ちなのだ。無理にコールド勝ちを狙うよりは、自分の身の丈にあった勝ち方を狙っていきたい。