10/11(火) 我那覇響生誕祭感想編

昨日は10月10日。THE IDOLM@STERの僕の担当アイドル、我那覇響の誕生日であった。

 

思えば、初めて響を見たのは、偶然見たアイドルマスターのアニメであった。しかし、その頃は途中から見たということもあり、視聴をやめてしまっていた。

ところが、2013年に友人からアイドルマスターミリオンライブ!を勧められ、偶然、再会を遂げた。

とは言っても、アニメの記憶はほとんどなく、ほぼ初対面といった感じであった。しかし、ポニーテール大好き、元気っ子大好きの僕にとっては、一目惚れしないわけがなかった。もちろん彼女をセンターに据え、僕の新米プロデュース業はここにスタートしたのであった。

あれから3年と少しが経ち、CDを買ったり、劇場版を8回も観に行ったり、アニメを見返したり、アイドルマスターシンデレラガールズも始めたり、ミリマスで上位入賞したり、いろいろなことがあった。プロデューサー仲間もたくさん増えたし、楽しいこともたくさんあった。

この3年間で、いろいろなアイドルと出会った。その全てを好きなことを前提として、僕は響の担当プロデューサーでよかったし、これからもそうあり続けたいと思っている。人の心は移ろいゆくものだとは昔から言われているが、それでもこの気持ちは大事にしたいと思う。

 

実はこれは書き始めたのは10日だったのだが、書いているうちに日をまたいでしまった。

文章がまとまらないまま書いてしまったが、アイマスと、響と、これからも、楽しんでいきたいと思う。

 

3年間、ありがとう。これからも、よろしく。

 

追伸

来年は、何かラジオに投稿したり、作品でも作ったりしたいなあと思っている。