5/25(木)

時の流れも早いもので、大学生活が始まって一か月が過ぎた。

 

大学生は暇そうなイメージがあったが、案外そうではなかった。宿題や予習もあるし、サークルもある。なにより一人暮らしなので、何でも自分一人でこなさないといけないのが一番大変だ。

 

四月のうちは友達を作るのも大変だった。二浪しているため、知り合いはほとんどおらず、ほんのわずかな知り合いも学部が別。決してレベルの高い大学ではないので、地元の人が多く、それぞれですでに知り合いがいるようで、そこに入っていくのは大変だった。というか早い段階であきらめた。自分は話下手で、しかも知らない人に話しかける勇気もなかったので、同じ学科の人となかよくなったらあとは「友達の友達は友達作戦」で少しずつ知り合いを増やしていった。

 

サークルはサッカーをしようと思っていたが、ド素人だし浪人中はまともに体動かしてないからついていけそうにないなあと思い、断念。体力づくりのことも考えて、運動系のサークルに入ることにした。(体力づくりのつもりで入ったサークルについていくためにひとりで体力づくりをしているのは内緒だ)

 

教育学部なので実習が多いということは知っていたが、まさか5月から実習があるとは思っていなかった。毎週、土日は一日中実習で消費。5月なのでサークルの新歓キャンプや練習もたくさんあるのだが、何ひとつ行けず。実習で得た経験を除けば、良かったことは同じ班のメンバーと仲良くなれたことくらい。実習はこれからまだまだあるし、もっと大変になるらしいので、乗り越えられるか不安だ。(乗り越えないといけないんだけど......)

 

バイトも始めてないし免許もまだだ。周りではもう始めている人も多いらしく、自分も早く始めないとなあと思っている。バイトはとくに早く始めたい。教師になる前にいろいろな経験を積むことも大切だと思っている。

 

 書きたいことを羅列していったらそろそろ書くことがなくなってきたので終わりにする。また書きたいことができたら書く。

それでは、明日の授業の予習がまだ終わっていないのでそちらを頑張って終わらせたいと思う。